Technical Information 技術情報

I2C(Inter-Integrated Circuit)とは

I2Cはフィリップス社が提唱するシリアルバス(通信インターフェイス)です。
日本語の読み方は 「アイ・アイ・シー」「アイスクエアド・シー」が正しいそうですが、
表記上「I2C」と表記されることが多く「アイ・ツー・シー」とも呼ばれています。

I2Cは同じ基板内での近い距離で直結したデバイスと100kbpsまたは400kbpsの速度でシリアル通信を
行うのが主で、離れた装置間の通信には向いていません。

I2Cは1つのマスターで複数のスレーブデバイスと通信することが可能な為、省配線や省スペース化が
容易に実現可能です。

最近はあまり使われなくなったRS232Cもシリアル通信ですが、こちらは非同期方式で、
I2Cはシリアル・データライン(SDA)とシリアル・クロックライン(SCL)の2本のバスラインの構成のクロック
同期型です。

I2Cの使用例として、図1の様な構成で1個のマスターと1個のスレーブ又は複数のスレーブを、
SCLとSDAという2本の信号線で接続し、常にマスターからスレーブに対してクロック信号(SCL)を基準にした
データ信号(SDA)で信号(データ)をやり取りします。

図1の様に複数のスレーブを使用する場合、それぞれのスレーブにはアドレスを割り付けて識別して使用します。
例えば図1の様にスレーブ1(温度センサ)をアドレス01 スレーブ2(湿度センサ)を
アドレス02の様に割り付けます。

I2Cの場合SCL・SDAの2本の信号線で全ての通信を行います。すなわちSCL・SDAともに複数の
スレーブと接続する事になるので各スレーブは自分のアドレスに対しての信号のみに応答し
自分以外のアドレスには応答しない事により、正しくデータのやり取りを行っています。

図1 I2Cの構成

東阪電子の技術情報

最近ではI2Cのデバイスは各種揃っており、図1で説明した各種センサを始め
I/Oデバイス・液晶モジュール・RTC(リアルタイムクロック)・EEPROMなどが有ります。
この様なI2Cデバイスを使用した製品の開発・設計・製造の実績が豊富にありますので
お気軽にお問い合わせ下さい。