Technical Information 技術情報

マルチタスクとは

マルチタスクとは複数のタスクを同時並列進行(処理)するマイコン(コンピュータ)システムの事を言います。「タスク」とはマイコンシステムが処理するプログラムの処理単位の事です。例えばパソコンは複数のアプリケーションを起動しながら作業ができます。表計算アプリを起動し表計算処理を行いながら、メール送受信を行いメールが届いたらメールを確認しています。しかし、コンピュータ(パソコン)はプログラムコードを随時処理することが出来ず、ひとつのタクスを順番に処理を行っています。実際はOSが1つのタクスを細かく分割し、素早く切り切り替えながら高速に実行することであたかも複数のタクスが同時に実行しているようにいみえているのです。UNIX系OS、Windows、Mac OS,などマルチタクス可能なOSをマルチタスクOSと言います。また、MS-DOSなどマルチタクス機能ないOSをシングルタスクOSと言います。

マルチタクスOSで実行しているアプリケーションを切り替える方法に ノンプリエンプティブ方式、プリエイティブ方式があります。

ノンプリエンプティブ方式:一つの処理装置(CPU)で並行して複数の処理を進め、OSがCPUを管理しない方式。タスク制御をアプリケーション側に依存してます。1つのアプリケーションが実行している間は他のアプリケーションの実行が制限されます。昔の性能の低いコンピュータで実用的に使用できますがそのアプリケーションの処理を終了しなければ他のタスクを実行出来ません。その為、そのアプリの処理中にエラー等が発生するとシステム全体が停止する事も有りました。

プリエンプティブ方式:OSがCPUやシステム資源を管理し、CPU使用時間や優先度などによりタスクを実行状態や実行可能状態に切り替える方式。OS側の処理が複雑になりますが、前記の様にアプリケーションがエラーで停止しても他のアプリに影響を与えずに処理を行います。

東阪電子の技術情報
弊社ではマルチタスク制御を行い多軸制御のモーションコントロールを実現しています。
同様の開発・設計・製造の実績はありますのでお気軽にお問合せ下さい。