Technical Information 技術情報

ステッピングモータドライバとは

ステッピングモータドライバは、その名の通りステッピングモータを制御するためのモータドライバです。
主な役割は、入力信号からモータ内部の電磁石に流れる電流を制御することです。

初めに、ステッピングモータドライバからステッピングモータへ信号を入力する方式は、
「2パルス方式」と「1パルス方式」の2種類があります。2パルス方式は、2種類のパルス(CWパルスとCCWパルス)を別々に使用する方式です。1パルス方式は、パルスと回転方向(CW/CCW)信号を使用する方式です。

そして、ステッピングモータへの電流の流し方を制御する駆動方式は
「定電圧駆動方式」と「定電流駆動方式」の2種類があります。定電圧駆動方式は、回路構成が簡単ですが、高速域において
トルクが急に低下するため、低速用途に適した駆動方式です。定電流駆動方式は、高速領域のトルク特性に優れた特徴を持つ
駆動方式です。

 最後にステッピングモータの回転を制御する励磁方式は、
「フルステップ方式」、「ハーフステップ方式」と「マイクロステップ方式」の3種類があります。
フルステップ方式は、ステップ角が基本ステップ角度で回転する方式です。
ハーフステップ方式は、ステップ角が基本ステップ角度の1/2の角度で回転する方式です。
マイクロステップ方式は、基本ステップ角度をモータコイルに流す電流を制御することで細分化された角度で回転する方式です。角度を細分化していくことで滑らかに回転させることができます。

 

 

東阪の技術情報

 当社では、2相と5相のステッピングモータのドライバを提供しています。

 ■モーションコントローラ

 ■2相ステッピングモータドライバシリーズ

 ■5相ステッピングモータドライバシリーズ

 

 通信で制御することが可能なドライバを提供しています。

 ■ePI-06